リーグ戦第6節vs東京農業大学

東京都大学サッカーリーグ1部第6節

2021年9月29日(水) 14:00KO

試合速報(Player!)  マッチデープログラム

東京 0 0 -1  3 東京農業大学
0 -2 
得点 (25分) 16番
(54分) 5番
(61分) 8番
(12分) 10番 警告
  退場
スタッツ
東京 項目 東京農業大学
4 シュート 19
GK 0
2 CK 15
8 FK 6
0 オフサイド 0
0 PK 0
スターティングメンバー
位置 番号 選手名
GK 31 児玉寛俊
DF 3 吉岡泰生
DF 4 内田龍吾
DF 5 八代快
MF 6 松波亮佑
MF 8 三谷深良惟
MF 10 出射令雄
MF 13 杉山亮
MF 14 西澤吉平
MF 17 伊藤真士
MF 28 谷晃輔
サブメンバー
位置 番号 選手名
GK 1 染谷大河
DF 2 竹内拓夢
DF 25 後藤彰仁
MF 11 石丸奏大
MF 19 茶谷晋伍
MF 20 箕輪統
FW 30 吉本章
選手交代
OUT IN
HT 西澤吉平 吉本章
61 伊藤真士 箕輪統
77 谷晃輔 石丸奏大
84 松波亮佑 竹内拓夢
戦評

 東京都1部リーグ第6節(延期分)は、東京農業大学との2回戦。前回対戦時は押し込まれながらも引き分けに持ち込んだ相手だが、その後8連勝するなど勢いをもったチームである。東大は前節の亜細亜大戦からメンバーは変えずに挑んだ。 強度の高い守備が持ち味の東京農業大だが、東大は試合開始からそれに劣らない積極的なプレーで対抗し、立ち上がりは試合を優位に進める。相手も負けじと攻勢に出るが、13分のシュートは兒玉(2年・理二)が落ち着いてセーブ。強力なプレスに対しても東大は落ち着いてかわし、ボールを保持するなど良い流れに見えた。しかし、25分、東大はビルドアップのミスからゴール前でボールを奪われる。そのまま16番細田にスルーパスが渡り、失点。一瞬の隙を突かれ痛恨の先制点を許してしまう。失点後はボールを持たれる時間が長くなるが、36分の至近距離からの相手シュートは兒玉がファインセーブ。守備陣は集中力を切らさず、0-1で前半を終える。 反撃に出たい東大は、西澤(3年・農)に代えて吉本(1年・理一)を投入し後半を迎える。後半2分にいきなりコーナーキックのチャンスを得ると、杉山(3年・経)のボールに八代(2年・文一)がニアで合わせる。ここは惜しくもゴールライン上で相手DFにブロックされてしまう。さらに畳み掛けたいところだったが、相手FWの積極的な背後へのランニングに対し、受けに回ってしまう。すると9分、コーナーキックを与えると、ゴールへ向うボールがクロスバーをかすめ、こぼれたところを5番佐々木に押し込まれ追加点を奪われる。さらに16分、ピッチ中央で8番丸山にボールを奪われ、カウンターを受ける。一度は持ちこたえるが再び8番丸山へボールが渡り、キックフェイントから冷静にゴールを沈められ、3失点目を献上。一矢報いたい東大は23分、谷(1年・文二)のプレッシングから三谷(2年・文一)がボールを拾い、出射(3年・教)、吉本とつないでゴール前へ折り返す。惜しくも中と合わないがこぼれ球を杉山がミドルシュート。これは相手ブロックに阻まれる。一方、東京農業大も最後まで集中を切らさず攻めの手を緩めない。東大守備陣も力を振り絞りさらなる失点は許さなかったが、得点は奪えないまま0-3で試合終了となった。 前節亜細亜戦に続き果敢な守備を実行し、上位相手にも良いリズムを作り出した試合序盤だったが、自らのミスから失点を許し難しい試合展開となってしまった。ここ数試合は厳しい結果となっているが、チームは一歩ずつ前進していると信じ、次節こそ勝利を掴みたい。(文責・松尾)

写真一覧

2021年10月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です