栄養アドバイザー 井上祐子さんのご紹介

<ア式栄養班の目的>
スポーツ選手にとって食べることもトレーニングのうちの1つです。食事はパフォーマンスやコンディションに大きな影響を及ぼします。ア式栄養班は、選手に栄養の知識を得てもらいよりよいパフォーマンスに繋がるよう日々活動しています。

この目的を達成するため、管理栄養士の井上祐子さんにア式の栄養アドバイザーとなっていただきました。

プロフィール


井上 祐子(いのうえ ゆうこ)

管理栄養士・栄養教諭保持
調理HACCP技能者・健康管理士一般指導員
食品の適正表示推進者(東京都)

経歴

・2019年4月 FC町田ゼルビア ゼルビアキッチン
・2020年1月 株式会社グリーンベル
・2020年12月 特定非営利活動法人 チーム学校給食&食育
・2021年3月 株式会社ごっつお便(セブン&アイグループ)
・2021年4月 青山クロスキッチン料理講座開設
・2021年6月 東京大学運動会ア式蹴球部栄養アドバイザー

会社ホームページ

株式会社タイアップ (http://tie-up1.com/company.html

個人アカウント

Instagram/@tie_up2

ア式での活動内容
  • 栄養講習会
    毎月全選手向けに栄養講習会を開いてくださっています。
    6月のテーマ
    「水分補給と熱中症について」
    8月のテーマ
    「疲労回復(肉体疲労・内臓疲労)と食事の選び方」
  • メンター制度
    希望する選手に個別で、料理に関するアドバイスなど栄養に関する質問に答えてくださいます。
  • レシピ開発
    「部活後の選手でも簡単に作れて栄養が摂取できる食事」をテーマにレシピ開発をしています。
2021年10月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です