リーグ戦第11節vs東京工業大学

東京都大学サッカーリーグ2部第11節

2022年6月12日(日) 12:20KO

マッチデープログラム
東京 3 0 – 0 0 東京工業
3 – 0
吉本(78分)

三谷(86分)

箕輪(88分)

得点
西澤(19分)

吉本(73分)

警告 11番(28分)

16番(67分)

  退場
スタッツ
東京 項目 東京工業
17 シュート 10
11 CK 2
2 FK 1
0 オフサイド 1
0 PK 0
スターティングメンバー
位置 番号 選手名
GK 21 笹森貫佑
DF 2 竹内拓夢
DF 4 内田龍吾
DF 5 八代快
MF 9 石丸泰大
MF 10 出射令雄
MF 14 西澤吉平
MF 17 北川孟
MF 25 谷晃輔
MF 29 石川大貴
MF 32 荒拓也
サブメンバー
位置 番号 選手名
GK 31 日野友貴
MF 8 三谷深良惟
MF 12 古川泰士
MF 13 久野健太
MF 18 箕輪統
DF 23 上原真路
FW 30 吉本章
選手交代
OUT IN
46 荒拓也 三谷深良惟
46 北川孟 箕輪統
69 石丸泰大 吉本章
74 西澤吉平 久野健太
82 谷晃輔 上原真路
戦評

東京都大学サッカーリーグ2部第11節は東京工業大学との対戦。7連勝を懸けて挑む東大は、GK兒玉の欠場に伴い笹森(3年・理)が公式戦初先発。また北川(2年・文二)が久々にスターティングメンバー入りを果たした。

 序盤は、シンプルにボールを前線に送る東工大に対し東大は少し受けに回る展開。12分にコーナーキックを与えるとヘディングで合わせられる。笹森がしっかりと反応し弾くも、こぼれ球からまたもシュートに持ち込まれポストに直撃。間一髪のところで失点を免れる。中盤にかけて落ち着きを取り戻した東大は、相手陣内へ押し込む時間を増やす。事前の想定通り、ある程度引き込んで守る東工大に対し、左サイドの北川のドリブル突破などで得点への糸口を探る。流れの中からは決定的なチャンスを作れないものの、25分にコーナーキックから八代がヘディング、33分にはハイプレスからボールを奪い谷がシュート。しかしいずれもあと少しのところで得点には至らない。このまま前半が終了し、後半を迎える。

 もどかしい展開となってしまった前半の反省を踏まえ、アグレッシブに後半に入った東大だったが、後半10分、雷の影響で試合が一時中断となる。予期せぬ事態に対し、中断時間は監督はじめベンチスタッフと選手達が密にコミュニケーションを取り再開後に備える。1時間ほど経ったところで試合は再開。攻勢に出る東大であったが、相手GKの好守もあり中々チャンスを掴めない。嫌な予感もよぎる中、チームを救ったのは途中出場の吉本(2年・理一)だった。33分、果敢なプレッシングからボールを奪取し、石川(2年・理二)のクロスのこぼれ球を自ら押し込み先制点を挙げる。41分には相手のバックパスをさらった吉本が冷静にパスを選択し、三谷(3年・法)が追加点。直後の43分にも相手のパスをカットした箕輪が相手GKの頭上を越す技ありシュート。畳み掛けるように3点を挙げて試合を決定づけ、3-0で東大が勝利を収めた。

 前半で点が取れず、またイレギュラーな状況も重なった中何とか得点を挙げ勝ち切ったところはチームの調子の良さ、勝負強さを象徴している。ただし、内容面はまだまだ改善していきたいところ。次節は大東文化大学との首位攻防戦。大一番に向けて、万全の準備をして挑みたい。

写真一覧

ハイライト動画
【東大ア式vs東工大】7連勝をかけた一戦。膠着した試合を動かしたのは…!?|2022東京都大学サッカーリーグ戦2部 第11節 vs東京工業大学ハイライト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。