東京都トーナメントvs國學院大學

東京都サッカートーナメント第2回戦

2021年11月21日(日) 16:00KO

試合速報(Player!)

東京 1 1 – 3 4 國學院大學
0 – 1
(40分)14番西澤 得点

(10分)9番

(33分)9番

(44分)6番

(53分)23番

警告

(35分)1番

(84分)23番

(89分)20番

  退場
スタッツ
東京 項目 國學院大學
12 シュート 22
11 GK 5
6 CK 8
14 FK 6
1 オフサイド 3
0 PK 0
スターティングメンバー
位置 番号 選手名
GK 1 兒玉寛俊
DF 2 竹内拓夢
DF 5 八代快
MF 3 杉山亮
MF 6 松波亮佑
MF 9 三谷深良惟
MF 10 出射令雄
MF 11 石丸泰大
MF 14 西澤吉平
MF 17 伊藤真士
FW 8 北川孟
サブメンバー
位置 番号 選手名
GK 21 笹森貫佑
DF 4 内田龍吾
DF 23 上原真路
MF 7 大矢篤
MF 28 谷晃輔
MF 27 水本龍志
FW 30 吉本章
選手交代
OUT IN
HT 石丸泰大 谷晃輔
69 竹内拓馬 内田龍吾
76 西澤吉平 大矢篤
88 三谷深良惟 吉本章
戦評

東京都サッカートーナメント第2節、東京大学は國學院大學と対戦した。リーグ戦では0-0、0-1と勝利は掴めなかったものの、善戦した相手であり、今回こそは勝利したい相手だ。第1節で帝京大学に0-1で敗北し後のない東大は、FW石丸(3年・文三)を先発起用したほか、上原(1年・文三)が初のベンチ入りを果たした。

序盤から積極的にゴールを狙う東大。前半1分、キックオフ後のロングボールの流れから三谷(2年・文一)がミドルシュート。シュートは惜しくもバーを越えてしまったが、まずまずの立ち上がりを見せる。前半8分には、中央でドリブルした松波(3年・工)から、西澤(3年・農)、北川(1年・文二)へとテンポよくボールが繋がり、北川がカットインして右足でシュートを打つも、相手DFのシュートブロックに合う。東大ペースになるかと思われたが前半10分、國學院大7番RWGの熊田が東大左サイドの裏を取って上げたクロスに9番麻生が頭で合わせ國學院大先制。東大は一瞬の隙を突かれ、1点ビハインドという苦しい状況に置かれる。東大は先制された後はいい攻撃の形をほとんど作れず、國學院大のペースに。すると前半33分、國學院大はロングボールの競り合いを拾った麻生が東大DFを振り切り、自ら運んでシュート。このシュートが右ポストに当たってゴールイン。なんとか反撃したい東大は40分、相手の縦パスをカットした出射(3年・教育)が縦パスで西澤につけ、ボールを受けた西澤は左サイドの北川へ展開。北川が相手RSBとの一対一を完全に制し縦に突破、クロスを上げると合わせたのは西澤。学習院戦に続きまたしてもクロスから西澤がゴールを決め、東大は反撃の狼煙をあげる。このまま前半が終了するかと思われた44分、中盤でのボールロストから國學院大に鋭いカウンターアタックを受け、あっという間に失点。東大はペースを掴めないまま前半を1-3で折り返す。

流れを変えたい東大は、石丸に代えて後半から谷(1年・文二)を投入し、攻撃の活性化を図る。しかし、後半8分ロングボールで裏を取られると、左右に揺さぶられ最後は國學院大23番桶作にゴールを奪われる。3点ビハインドとなり後がなくなった東大はここから反撃を見せる。18分、相手のパスをカットした北川が相手陣地奥深くまで運び、こぼれ球を谷が左足でシュート。これは大きく枠の上に外れたが、徐々に東大は攻撃の形を作り始める。26分、相手CBのトラップミスを見逃さなかった三谷が自分で運んでシュートを打つも、相手GKの好セーブにあう。その1分後には谷が相手に体を当て奪ったボールをシュートするも、これもGKに止められる。39分にはCB八代(2年・文一)がルーズボールをスライディングで伊藤(3年・法)に繋ぎ、右サイドから伊藤が完璧なクロス。これに三谷がうまく頭で合わせるも、左ポストに嫌われ、ゴールならず。結局このまま試合は終了し、東大は1-4で敗北した。

この試合に敗北し、今シーズンが終了した東京大学。「個のクオリティ」という面で、力負けしてしまった印象だ。個の質を改善しつつ、今シーズンで山積したチームの課題も見直し、一つ一つ解決していくことで、来シーズンに向けて良い準備をしたい。

写真一覧

2021年11月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です