リーグ戦第25節vs成蹊大学



東京都大学サッカーリーグ1部第25節

2021年10月10日(日) 11:00KO

試合速報(Player!)  マッチデープログラム

東京 0 0 – 1 1 成蹊
0 – 0
得点 54番(27分)
33番(67分) 警告
退場
東京 項目 成蹊
4 シュート 8
13 GK 3
0 CK 3
3 FK 3
1 オフサイド 0
0 PK 0
スターティングメンバー
位置 番号 選手名
GK 1 染谷大河
DF 3 吉岡泰生
DF 4 内田龍吾
DF 5 八代快
MF 6 松波亮佑
MF 7 大矢篤
MF 8 三谷深良惟
MF 1 出射令雄
MF 13 杉山亮
MF 28 谷晃輔
FW 30 吉本章
サブメンバー
位置 番号 選手名
GK 31 兒玉寛俊
DF 2 竹内拓夢
MF 11 石丸泰大
MF 14 西澤吉平
MF 17 伊藤真士
MF 19 茶谷晋伍
FW 33 北川孟
選手交代
OUT IN
HT 八代快 竹内拓夢
53 谷晃輔 伊藤真士
53 大矢篤 北川孟
72 吉本章 石丸泰大
89 三谷深良惟 茶谷晋伍
戦評

10月10日に行われた東京都大学サッカーリーグ一部第25節。直近6試合勝ち星がない東京大学は残留の目を残すべく成蹊大学との一戦に臨んだ。対戦相手もここ5試合勝ち星がないが、前回対戦時は試合終盤に失点を許し押し負けた手強い相手である。東大はGKの染谷(4年・教養)が4試合ぶりにスタメンに名を連ねたほか、後半からLSHの北川(1年・文二)が4ヶ月ぶりに出場した。  

前半は立ち上がりから成蹊大のボール近くに人を集めて崩していく攻撃により押し込まれる展開となった。しかし自陣深くまでボールを運ばれはするがシュートは許さず、逆に10分にはセカンドボールを拾った松波(3年・工)が相手陣内深くまで切り込む、11分には谷(1年・文二)とのワンツーで抜け出した吉本(1年・理一)がゴール前まで運ぶなど、ワンチャンスを作ろうと東大もゴールまで迫っていく。相手からの攻撃に耐えながら試合を進めていった東大だが、前半給水後の27分に16番江幡からのFKを4番江部が折り返してこぼれたボールを54番上杉にダイレクトでゴールの右隅に突き刺され失点を喫する。反撃の糸口を見つけたい東大は後ろから繋ぐことで前進を試みるが、東大のビルドアップの形に合わせてきた成蹊大のプレスに嵌まってしまい思うようにボールを前進させることができない。そのまま東大は前半の間一度もシュートを打てずに1点ビハインドで試合を折り返すことになった。  

前半攻撃の組み立てが上手くいかなかった東大は、後半からRSBの杉山(3年・経)を積極的に使うことで相手からのプレスを回避し敵陣侵入を図った。それによりボールをもつ時間が増えたことで主導権を握り始める。後半10分には三谷(2年・文一)のクロスからのセカンドボールを出射(3年・教育)がボレーで合わせ、その直後11分に染谷からのロングフィードを受けた北川のクロスを吉本が頭で合わせにいくがそれは16番江幡に紙一重でクリアされる。立て続けに攻め流れを引き寄せた東大は15分にも北川が自陣で奪ったボールを力強く運んでラストパスを送り、それをフリーで受けた吉本はインサイドでシュートを放つがこれは枠の外へ。その後は両チーム共に縦に速い攻めでゴールに向かっていくがシュートまでは持っていけずに時間が過ぎていく。しかし41分東大に決定機が訪れる。出射からのサイドチェンジを北川がゴール方向にうまくトラップしたところ、たまらず相手GKの12番長島が飛び出してきたが抑えきれずボールが石丸(2年・文三)の目の前にこぼれる。ダイレクトでシュートを放つが55番西谷に阻まれゴールとはならなかった。東大は最後まで果敢に攻めていったが相手ゴールをこじ開けるには至らず0-1で敗れた。

前半は思うようなサッカーができなかったが、チームで修正を加えることで後半は良い試合を繰り広げることができた。また早速攻撃面で多大なインパクトを与えた北川の復帰という朗報もあった。好材料は確実に揃ってきているので次節こそ悲願である勝利を手にしたい。(文責・森島)

写真一覧


2021年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です