リーグ戦第12節vs東京経済大学

東京都大学サッカーリーグ1部第12節

2019年9月4日(日) 17:00KO

@東京経済大学武蔵村山キャンパスグラウンド

試合速報はこちら

東京 1 1 – 0 3 東京経済
0 – 3
(7分) 松本周平 得点

(56分)

(69分)

(91分)

(67分) 大谷拓也

(70分) 杉山亮 

警告  
  退場  
スタッツ
東京 項目 東京経済
8 シュート 15
11 GK 2
4 CK 5
9 直接FK 6
4 間接FK 0
4 オフサイド 0
0 PK 0
スターティングメンバー
位置 番号 選手名
GK 1 染谷大河
DF 5 内倉慈仁
DF 4 大谷拓也
DF 3 槇憲之
DF 20 伊藤真士
MF 12 杉山亮
MF 10 白藤優
MF 7 中村紳太郎
MF 8 中村知郎
MF 11 松本周平
FW 9 和田爽
サブメンバー
位置 番号 選手名
GK 21 満永逹彦
DF 6 吉本理
DF 22 石野佑介
MF 19 大矢篤
MF 16 出射令雄
MF 27 高宮秀徳
FW 15 大池一輝
選手交代
OUT IN
65 槇憲之 吉本理
65 伊藤真士 出射令雄
74 中村紳太郎 高宮秀徳
74 和田爽 大矢篤
ハイライト

 

戦評

前節は昨季関東リーグを経験した強敵の東京農業大学に善戦したものの、惜敗した東大は今節、圧倒的な攻撃力を誇りながらも、今季はわずか3勝の7位に沈む東京経済大学に挑む。スペースをうまく使い、強烈な勢いをもって攻撃を行う東経大に対し、前節の悔しい敗戦を払拭するため、東大はどのようにゴールを守り、勝利を掴むのか、見所の多い試合となる。

雨足が強まる中、いよいよ試合開始のホイッスルが鳴る。東大はシンプルにボールを前線に渡し、リスクをかけない攻撃を心掛けて、試合を進める。そんな中、前半開始早々、東大に思いも寄らないチャンスが転がり込む。前半6分、相手ゴール前でこぼれ玉を拾った白藤(4年・工)から、伊藤(1年・文Ⅰ)、和田(3年・農)、松本周(3年・工)とボールを繋ぎ、そのまま先制ゴールを奪う。試合の流れは東大に傾く。

東大は相手の攻撃に対し、5バック戦術を取り、中央の3人、内倉(3年・農)、大谷(3年・法)、槇(4年・工)を中心として、相手の攻撃をうまく封じる。東経大も、東大の高い最終ラインと、ブロック守備に対して、うまくスペースを見つけられず、攻撃の糸口を掴めない状態が長く続く。

前半15分、またもや東大にチャンスが訪れる。ペナルティエリアのやや外で、伊藤がファウルを貰い、絶好の位置でフリーキックを得る。ここで、キッカーの松本周の、相手の逆を突いて、ゴロでシュートを放つ、反応に遅れた相手GKはボールをこぼす。ここに和田詰めるものの、足を滑らせ、惜しくもゴールを逃す。

上手く攻撃を仕掛けられず、時間だけが過ぎる試合展開に苛立ちを感じる東経大は、淡白な攻撃に留まり、さらにはファールまがいのプレーが続く。試合展開がラフになるものの、東大は落ち着いて対処する。

ここで、立て続けに中村知(3年・文)がチャンスが創出する。

前半25分、中村知のフリーキックに大谷がヘディングで合わせるが、わずかに枠を外れる。

前半35分、中村知が相手GKの高いポジショニングを見てシュートを放つ。しかし、相手GKのファインセーブにより阻まれる。

前半36分、ゴール前で和田、中村知がワンツーをし相手最終ラインを崩すと、和田がシュートを放つも、これまた相手GKのスーパーセーブによりゴールを逃す。

このまま、大きなピンチもなく、東大は幸先よく前半を1−0で折り返す。

後半が始まった。

東大は前半までのプレスの圧が落ちる。ここを漬け込んで、東経大は一気にギアを上げて攻め込んでくる。そして、後半10分、東大の守備の崩れを突かれ、失点してしまう。

試合は振り出しに戻る。

ここで東大は得点を奪うためにフォーメーションを4バックに変え、伊藤→吉本(4年・工)、槇→出射(1年・文Ⅲ)と立て続けに選手交代を行う。

東大は一気にギアチェンジし、前がかりになるものの、なかなか相手の最終ラインを崩しきることができず、いじらしい展開が続く。

ここで、東経大に一瞬の隙を突かれる。前半25分、相手のロングスローにうまく対応仕切れず失点してしまう。

後半30分、もう負けられない東大は、中村紳(4年・工)→大矢(1年・文Ⅱ)、和田→高宮(3年・工)とフレッシュな選手たちを投入し、攻勢を強める。

東大は白藤と杉山(1年・文Ⅱ)を中心にポゼッションを高め、攻撃を進めるものの、相手の力強い守備の前にうまく攻めきることができない。

焦れる東大、押せ押せになる東経。

後半45分、相手のクリアの処理を誤り、まさかの失点してしまう。

ここで万事休す。

後期第3節、東大の弱さが顕著に現れた試合となってしまった。前節、内容が良い試合をすることができただけに、勿体無い試合であった。1部残留に向けて厳しい状況を覆すことができなかった。後期残り5節、手強い相手が続く中、一戦一戦、チーム全員で乗り越えていくしかない。

残留に向けて、部員たちも死に物狂いで練習に励みます。これからの試合も引き続き応援をお願いします!

文責 1年 出射

写真一覧

東京大学運動会ア式蹴球部さんの投稿 2019年9月4日水曜日

2019年9月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です