FC Wacker Innsbruck×東大ア式 提携のお知らせ

東京大学運動会ア式蹴球部(以下、東大ア式蹴球部)は、オーストリア・ブンデスリーガ2部に所属するFC Wacker Innsbruck(FCヴァッカー・インスブルック)(本拠地:オーストリア・ チロル州、州都インスブルック市)とパートナーシップを締結いたしました。

提携内容

今回の提携に伴い、両クラブは下記のような活動を通じ継続的な関係性を構築していく予定です。

  • 弊部テクニカルユニットによるFC Wacker Innsbruck U23チームの映像分析
  • インスブルック現地へのインターン派遣
  • トレーニングメニュー/メソッドの共同考案
  • その他サッカーの分析全般に関する共同研究
野中滉大(国際的活動ユニット長)コメント

東大ア式蹴球部が伝統あるオーストリアの名門クラブであるFCヴァッカー・インスブルックと提携関係を締結し、日本サッカー界及びオーストリアサッカー界の発展に向けて歩みを共にできますこと大変光栄に存じます。
こうした提携関係の背景には、昨年度から弊部で取り組みを始めた国際的活動というプロジェクトがあります。2018年に創部100年を迎えた東大ア式蹴球部は、思考力と情熱の融合・実践をテーマに、日本一価値のあるサッカークラブになることを目標に日々活動しています。その目標の実現に向けて、昨年度から国際的活動という部門を立ち上げました。東大ア式蹴球部が大学サッカー界・日本サッカー界を引っ張る存在となるべく、海外に知見を求め、ピッチ内外での強みを強化したいとの思いから始まった活動です。
中でも、東大ア式蹴球部は国内最大規模のテクニカルユニット(20人もの専門分析官)や学問的知見を備えたフィジカルコーチなどを擁し、ピッチ内外での先進性や専門性を独自の強みであると捉えています。そうした領域で最先端を走る欧州との関わりを通じてさらに我々の強みを向上させ、知見の供給や人材の輩出を通じて日本サッカー界に貢献したいと考えています。
国際的活動としてさまざまな形を模索する中、2021年6月からFCヴァッカー・インスブルックU23監督に就任されたモラス雅輝様から、国際的活動の掲げるビジョンに共感いただきまたテクニカルユニットの専門性の高さに注目してお声がけをいただき、双方の知見を共有して新たな取り組みを進めてゆくことができる運びとなりました。改めましてお声がけをいただきましたモラス雅輝様に厚く御礼申し上げます。両クラブは様々な領域で交流を深め、それぞれの強化・価値向上に取り組みます。そうした活動が日本サッカー界及びオーストリアサッカー界に新たな価値を生み出すことを確信しています。
今後も定期的に提携・活動内容について発信していく予定ですので、ぜひご注目ください!

岡本康太郎(テクニカルスタッフ)コメント

この度提携の話を頂きましたこと、大変感謝申し上げます。
我々テクニカルユニットが創設以来着々と培ってきた専門性を欧州の現場で発揮する機会を頂けましたことは、この上ない幸運だと実感しています。また、FCヴァッカー・インスブルックの強化に我々が少しでも貢献できるよう、全力を尽くす所存です。
既にモラス様とはZoom上でのMTGを複数回行い、双方の意見交換を行なっています。欧州での長い指導経験を持つモラス様との対話は我々にとって非常に刺激的であり、サッカー自体に対する考え方や評価基準など様々な面で我々の価値観が日々アップデートされていくのを感じています。将来的にはチームの分析に限らず、共同でのサッカーに関する研究や知見の交換を通じて日本とオーストリア、ひいては日本と欧州のサッカー界に大きなプレゼンスを確立することが出来るような提携となることを期待しています。
東京大学ア式蹴球部テクニカルユニットは、先進性と専門性を武器に国内外を問わずサッカー界に資するユニットとなることを存在目的に掲げています。今回の提携が我々のユニットとしての価値を大きく引き上げ、さらにはテクニカルユニット自体が日本と欧州のサッカー界を繋ぐ架け橋的存在となるべく、その第一歩を踏み出すことが出来ると確信しています。
ヴァッカー・インスブルックの皆様、よろしくお願い致します。

モラス雅輝様(FC Wacker Innsbruck U23 監督)コメント

この度、伝統ある東京大学運動会ア式蹴球部との提携が成り大変光栄です。
FCヴァッカー・インスブルックも東大ア式蹴球部と同様、100年以上の伝統のあるクラブであり、伝統を大切にする傍ら、新しい取り組みを常に模索しています。
U23チームには、各国から若手有望株の選手が集まり、時代を担う選手となるべく日々研鑽を積んでいます。
東大ア式蹴球部の最新鋭の学問的見地に立った分析や技術を、オーストリアからステップアップを目指す若手サッカー選手の成長に生かす機会を得られ、また日本サッカー界の分析技術を欧州に広める足掛かりとなれることを大変嬉しく思います。
今回の提携を通して互いに高めあい、オーストリアのサッカー界及び日本サッカー界に良い影響を与え合えるような関係になれれば幸いです。

Alfred Hörtnagl 様(FC Wacker Innsbruck スポーツ部門取締役)コメント 

„We are delighted to announce the partnership with the „University of Tokyo Association Football Club“. The cooperation guarantees video analysis of the games on the highest level. This is essential to develop young U23 players and prepare them for their next step as professional football players in our first team. Furthermore we are able to exchange know how in many different fields of football. We are convinced that this partnership will help both sides and we are looking forward to a long term collaboration. Thank you University of Tokyo Association Football Club!“

この度、東京大学運動会ア式蹴球部とパートナーシップを締結しましたのでお知らせします。この提携により、我々の試合のビデオ分析が高いレベルで行われます。このことは、U23の若い選手を育成し、彼らがプロのサッカー選手としてトップチームで活躍するために重要です。さらに、私たちはサッカーのさまざまな分野のノウハウを交換することができます。私たちはこのパートナーシップが双方にとって有益であると確信しており、長期的な協力関係を築いていきたいと考えています。ア式蹴球部の皆さん、よろしくお願いします!

FC Wacker Innsbruckとは

1913年に創設され、オーストリア・ブンデスリーガ1部で10度の優勝を誇るなど、国内外で数々のタイトル獲得経験のある名門クラブです。

ホームページ:https://www.fc-wacker-innsbruck.at/

2021年8月20日

One thought on “FC Wacker Innsbruck×東大ア式 提携のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です