第11回石丸サッカー放浪記-②

オランダ、日本代表で活躍する選手

オランダの話に行く前に、夏まで遡りカンボジアの話を少し。プノンペンでやっていたSOLTILOさんのサッカー事業でご縁があり、同じくプノンペンにてマイクロファイナンスを立ち上げて運営していらっしゃる山口雅幸さんにお会いしました。

山口さんご自身もサッカー経験があったそうで、現在は数多くのJリーガーと親交を持っていらっしゃいます。

そんな山口さんですが、自分のこの活動のことも把握してくださり、カンボジア滞在中には懇意に面倒を見てくださいました。

そんなある日、先の旅程を確認していると

「ヨーロッパに行く予定はある?日本代表の選手を紹介できるかもしれない」

と言うお話をいただきました。

日本代表!??

と、自分が会えるかもしれない喜びやら驚きやら様々な感情が混じりつつ、現実味もわかずに頭が追いついていませんでした。

それと、正直この時点では実現すると思っていませんでした(ごめんなさい)。仮にご紹介いただいてもタダの大学生である自分が会ってもらえることは想像し難かったからです。が、そんな思い込みとは裏腹にとても親切に面会を快諾してくださいました!

そうしてオランダ北部フローニンゲンを訪れることになりました。

もうお分かりかもしれませんが、日本代表選手というのは、東京五輪世代でもありながらA代表にも出場し、FCフローニンゲンで活躍する板倉滉選手でした!

シーズン中のお忙しいところだったにも関わらずお時間を設けてくださり、行きつけのレストランとカフェにご案内してくださることになりました。前日から、何を話すか考えたり緊張でいっぱいになっていましたが、いざ対面するととても明るく接してくださり、すぐに自分の緊張を解いてくださりました。

フローニンゲンでの2シーズン目を迎える板倉選手は、開幕から全試合スタメンで活躍されていました。初の海外挑戦で感じる日本との文化やサッカーの違いの話から、出場機会を得られなかった1シーズン目の話、ユースの頃の話、代表や移籍に関する話まで、さまざまな範囲に渡ってとても気さくに語ってくださいました。

憧れの存在であるサムライブルーの選手とこうしてお会いできることがあるとは思いもしておらず、終始幸せな時間を過ごすことができました。

その翌日、公開練習を見学させていただき、

週末の試合も観戦させてもらえました!

板倉選手は先発フル出場、3-0の完勝という最高のゲームでした。スタジアムには、以前在籍していた堂安選手も!警備員さんも思わず決めポーズ。

今回初めてこうした形で選手とお会いさせてもらうことができましたが、選手という存在の偉大さを改めて認識させてもらいました。ご一緒させていただいた時間でとても大きなエネルギーをいただきました。多くの人に元気や夢、感動を与えられる存在のカッコよさを感じました。

ちびっ子のころ、サッカー選手になりたかったのは、ただ“サッカーが好き”という思いに突き動かされ“好きなことして生きていける”夢の仕事と考えていたからでしたが、今はそれ以上にその大きな影響力に強く憧れます。その影響力を今回とても強く感じさせてもらいました。

サッカー選手になる夢は叶いそうにないけれど、そのように周りに良い影響を与えられるような人になりたいと思わされました。

もう一つ、今回板倉選手の人間性の大きさを感じました。トップレベルで活躍なさっているのにも関わらず、一介の学生である自分に対しても興味を示して下さりとても親切に対応してくださったことがとても嬉しく強く印象に残っています。

旅一番の思い出です!

次も引き続き、オランダです。

フローニンゲン からアムステルダムへ移動しました。

↓良ければどうぞ!

FIFAの大学院に通う日本人

第11回石丸サッカー放浪記-③

2020年1月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です