リーグ戦第9節vs國學院大學

2019年6月23日
東京都大学サッカーリーグ1部第9節
vs國學院大学戦
●1-4(0-3,1-1)

前節は後半押し込みながらも引き分けになった東大はアウェイに乗り込む。相手はここまで一敗のみ、地力のある國學院大学である。國學院は1部には珍しく後ろから繋いでいくスタイルのチームである。どんな試合になるのだろうか。

開始早々、ビルドアップのミスからあっけなく失点。思わず応援の声も止まってしまう。悪い雰囲気だが、切り替えて臨みたいところだ。
前半3分、槇(4年・工)のロングフィードに抜け出した松本周(3年・工)がうまく収めて大池(4年・教)とワンツーで抜け出しシュートを放つもこれは相手にブロックされる。
続く前半5分アンカーへのパスが詰まり危険な位置でボールロスト。左サイドバックが戻りきれていないところをつかれ、相手の見事なループシュート。立ち上がりで立て続けに2失点をし、呆然とする東大イレブン。しかし、ここも切り替えて臨みたいところだ。
とにかく1点が欲しい東大は前半9分、中村紳(4年・工)が裏抜けした細井(4年・工)にパス、仕掛けた細井がペナルティエリア内で倒されるもホイッスルはならず。
そんな中前半20分、相手コーナーに対してニアポストで跳ね返しきれなかったボールがうまくファーに流れてしまい詰められ3失点目。
なんとしても前半のうちに1点取り返したいところだが、なかなか効果的な前進ができず前半終了。

後半開始早々、ビルドアップ時にアンカーが狙われてボールロスト。そのまま左ウィングに流され、2失点目と似たような形で失点してしまう。
これで0対4。意気消沈かと思われたが後半11分、松本周の縦突破からのクロスに槇の気迫のダイビングヘッドにより1点を返す。このまま勢いに乗れるか東大。
続く13分、細井のフリーキックに槇がヘディングで合わせ、ボールはゴールラインを割ったかと思われたが、判定はノーゴール。応援席にいる井上(3年・経)、新屋(4年・養)も大声で「入った」と叫ぶもここは実らず。
後半19分、ライン間でうまく受けた白藤(4年・工)から松本周へスルーパス。ペナルティエリア内に侵入し、白藤にリターン。相手を交わし学習戦のようなゴールかと思われたが、これは枠の外。
後半30分、大池に変えて中村知(3年・文)を投入。中村知が2列目に落ちつつチャンスを作るも得点には結びつかず、試合終了のホイッスル。

大差での負けとなってしまったが、後半の内容は國學院相手に押し込み続ける展開となっていた。次節は最終節東経戦となりますが、東経は順位的にも東大の一つ上となることもあり、なんとしても勝利したいところです。部員一同頑張って参りますので、次節も応援よろしくお願い致します。

文責 : 4年 大池

2019年9月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です