東京大学運動会ア式蹴球部創部100年記念祝賀会

12/8(土)、東京帝国ホテルにおきまして、東京大学運動会ア式蹴球部創部100年記念祝賀会を執り行いました。

式典には日本サッカー協会田嶋幸三会長や東京大学執行役藤井輝夫副学長はじめ多くの御来賓の皆様と、130名を越えるLB会員の先輩方がご臨席されました。

式典冒頭、東大LB会を代表して武田厚理事長より「これまでの100年」の振り返りと、「これからの100年」への想いを込めて製作された『闘魂 東京大学運動会ア式蹴球部創部100周年記念誌』の紹介など挨拶がありました。

これまで多くの先輩方がア式蹴球部の門を叩き、日々鍛練を重ね、そして卒部していきました。そうして連綿と紡がれた100年の歴史が持つ重みは計り知れないものです。しかしこの歴史あるア式蹴球部に身を置く者として、私たち現役部員に出来ることは歴史と伝統に敬意を払い、日々前に進むことだけです。

来年2019年は「次の100年」への第一歩を刻む年となります。ピッチ内外で飛躍を遂げることが出来るよう、部員一同励んで参ります。

2019年3月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です