林陵平監督就任のお知らせ

2021/1/30

1月30日、林陵平氏が東京大学運動会ア式蹴球部の監督に就任することが決まりましたので、お知らせいたします。

監督プロフィール

【氏名】林 陵平(はやし りょうへい)
【生年月日】1986年9月8日(34歳)
【出身地】東京都

経歴

清水北FC → ヴェルディジュニア → 東京ヴェルディ1969ジュニアユース → 東京ヴェルディ1969ユース → 明治大学 → 東京ヴェルディ → 柏レイソル → モンテディオ山形 → 水戸ホーリーホック → 東京ヴェルディ → FC町田ゼルビア(2019年8月より期限付き移籍) → 東京ヴェルディ → ザスパクサツ群馬(2020年3月より期限付き移籍)

Jリーグ通算300試合出場、67得点

林監督の挨拶

この度東京大学運動会ア式蹴球部の監督に就任する事となりました林陵平です。
伝統ある東京大学運動会ア式蹴球部の監督を務めさせて頂ける事を大変光栄に思います。 そして、この機会を頂いた事に感謝申し上げます。
チームの勝利と成長の為に日々精進していく所存です。 宜しくお願い致します。

主将コメント

主将の吉岡と申します。
平素より東大ア式蹴球部をご支援くださり誠にありがとうございます。
また、今回の林新監督招聘を受けて初めて弊部を知った方もいらっしゃると思います。
私たちのサッカー、そして私たちの活動を通して全ての方々に良い影響を与えられるようなチームになるべく林監督と共に努力してまいります。
東大を危険視しているチームはほとんどないであろう東京都一部で番狂わせを起こし、ここ10年弱の先輩方の無念を晴らします。
これからもご支援のほど宜しくお願いいたします。

ア式蹴球部新4年主将 吉岡泰生

強化ユニット長コメント

強化ユニット長を務めております、高橋と申します。
強化ユニットは主に指導者の面からア式蹴球部の強化に寄与することを目指し、昨季新たに創設されたユニットです。今回の新監督招聘に当たっては我々強化ユニットのメンバーが中心となってアポイントメントや交渉を行い、この度林氏と契約を結ぶことができました。
「学生が主体となって新監督を招聘する」という前例のないチャレンジであり手探りの部分ばかりでしたが、このような結果を残すことができ素直に嬉しく、また誇りに思っています。しかしこれで満足することなく、「サッカー界を変え得る知的人材を輩出する」というア式蹴球部の存在目的を達成できるよう、ピッチ外の活動に関しても今まで以上に努力してまいります。
最後にはなりますが、弊部の活動にご理解・ご協力いただいた全ての方々、我々がサッカーに集中できる環境を作り上げてくださったLB会の皆様、そして山口遼前監督に厚く感謝申し上げます。
これからも東京大学ア式蹴球部の活動にご期待ください。

ア式蹴球部新3年スタッフ 髙橋俊哉

2021年8月19日

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *